硬貨を積む人

マンション投資に失敗しないために必要なアレコレ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハードルの低さが際立つ

模型

初心者でも感じる魅力

不動産を対象にした投資を行うみんなで大家さんは、初心者にもわかりやすい特徴を備え、なおかつ魅力ある内容になっています。出資額は100万円からで、もっと多く投資をすることもできますし、最低ラインの100万円で投資を始めることもできます。さらに、3年間と期間を区切っていますので、今現在は余剰資金である預貯金を投入しても、3年後にはまた預貯金に戻せるというメドが立てやすいところも特徴と言えるでしょう。さらに、ゼロ金利政策が取られている金融市場において、みんなで大家さんは投資商品とはいえ、想定利回り5%から7.5%というのはかなりの特徴と言えます。しかも、運用開始以来想定利回りを一度も割り込んだことがないということであれば、リスク商品といえど安定した収益が見込めそうです。

お金が増えるところ

お金自身に働いてもらうことによってお金が増える現象は金融市場ではよく知られたことですが、今や預貯金では実現しなくなりました。そのため、多少のリスクは取らなければお金は増えないというのは、投資をしたことがない人でも理解するようになってきています。元品保証ではないリスク商品であるみんなで大家さんにこれほどまでに人気が集まっているのは、リスクはあるものの、そのリスクを最小限にとどめる工夫がされているところにあります。例えば、運用途中で賃料が入ってこないという事態が起こったときには出資者を優先的に分配の対象とするなど、出資者を大事にする配慮がなされています。こうした点が安心感と魅力につながり、またみんなで大家さんという投資商品に人気が集まるスパイラルとなっていると言えそうです。